バイナリーオプションにおける判定方法(取引手法)の種類

他の投資商品にはない特徴として、バイナリーオプションでは、予め「取引時間」が決まっています。株やFX取引であれば、トレーダー自身が清算のタイミングを決定しなければ取引は終了しませんが、バイナリーオプションでは「判定時間」を迎えた時点で自動的に取引が清算される仕組みになっています。つまりは、判定時間に清算の基準があるということです。

 

そんなバイナリーオプションの判定方法には、主に三つの種類があります。

 

 

HIGH&LOW(ハイアンドロー)

バイナリーオプション ハイロー

『HIGH&LOW(ハイアンドロー)』は、バイナリーオプション取引の最も基本的かつ一般的な判定方法です。ほとんどのバイナリーオプション業者が、HIGH&LOW(ハイアンドロー)をメインに扱っています。[HIGH&LOW]という名称の通り、取引ルールはとても簡単で、一定時間後の相場が基準となる相場よりも「高い(HIGH)」か「安い(LOW)」かを二択で予想するだけです。判定の基準は、あくまでも基準となる相場よりも「高い(HIGH)」か「安い(LOW)」かだけですから、相場の詳細な値幅や値動きは関係ありません。『HIGH&LOW(ハイアンドロー)』のペイアウト倍率の設定は、各取扱業者とも最大でも2倍ほどとなっているため、大きな利益を狙うには不向きとも言われますが、少額の資金から気軽に取引に参加できる点やシンプルな取引ルールで予想が立てやすい点などは、バイナリーオプション初心者の方にとってはメリットとなる判定方法と言えます。

 

 

ワンタッチ

バイナリーオプション ワンタッチ

『ワンタッチ』は、『HIGH&LOW(ハイアンドロー)』に続いて一般的だとも言える判定方法です。中には、『ワンタッチ』だけを専門に取り扱っているバイナリーオプション業者もあります。『ワンタッチ』とは、取引開始時点から判定時間(満期)までの間に、基準となる相場に「一度でも達する(ワンタッチ)」か「達しない(ノータッチ)」かを予想する判定方法です。ポイントは、判定時間(満期)の結果だけではなく、取引時間内の全ての時間が判定の対象となっていることです。申し込みから判定時間までの取引時間内に、一度でも基準となる相場のラインにタッチすれば、判定時間まで残り時間があったとしても条件はクリアとなり、ペイアウトを受けることができます。

 

 

レンジ(境界)

バイナリーオプション レンジ

『レンジ(境界)』は、レンジ=境界という意味通り、判定時間(満期)の時点での相場が、基準として設定されたレンジ(境界)内に収まっているかどうかを予想する判定方法です。判定時間の相場が一定の境界内に「収まる」か「収まらない」かの二択の取引ルールは、HIGH&LOWやワンタッチと変わりありません。ただし、レンジの場合は、○○円~××円という境界(金額)が設定されているために、予想自体は「収まる」か「収まらない」かの二択であっても、相場の値動きの詳細まで正確に予想する必要があるのです。したがって、HIGH&LOWやワンタッチと比較して予想がやや困難になることもあり、ペイアウト倍率が高く設定される傾向にあるのが、この『レンジ』です。全くの投資初心者という方には、最初は少々ハードルが高いかもしれませんが、取引に慣れてきた方やより大きな利益を狙っていきたいという方は、ぜひ挑戦してみましょう。

 

 

バイナリーオプションの最大の特徴である二択のシンプルな取引ルールという意味では、どの判定方法もその特徴に該当しています。ただし、それぞれの判定方法によって特徴(ルール)やペイアウト倍率などが異なるため、ご自分との相性やご自分の希望する取引スタイルに合ったものを選んでいきましょう。

 

 

 


 

バイナリーオプション取扱い業者!!

GMOクリック証券 (外為オプション)ペイアウト倍率

FXトレード・フィナンシャル (HIGH・LOW)最短取引時間

トレイダーズ証券株式会社 (みんなのバイナリー)最低取引額

IG証券 (バイナリーオプション)

 

バイナリーオプション特徴別比較!!

最低取引額で比較

ペイアウト倍率で比較

投資上限金額で比較

取引銘柄(通貨ペア)数で比較

最短取引時間で比較

途中清算・権利放棄で比較

 

 

このページの先頭へ