バイナリーオプションにおける業者選びのポイント

バイナリーオプションの取扱業者は、国内の証券会社やFX業者、国外にプラットフォームを置く企業、専業で運営されているものなど、複数存在しています。そして、それぞれが特徴あるサービスを提供しています。したがって、その中からご自分の取引スタイルに合ったサービスを提供している業者を選んで口座開設と実際の取引を行っていきましょう。

 

その上で、バイナリーオプションの業者選びにあたってのポイントをご紹介しておきます。注目したいのは、『ペイアウト倍率』『最少取引金額』『取引時間』『判定時間』『取扱銘柄数』などです。主にこれらのポイントの中から、ご自分が重視するポイントを選び出して、チェックや比較を行うと良いでしょう。

 

まずは『ペイアウト倍率』です。これは、バイナリーオプション取引で予想が的中した時に“払い戻し”される倍率のことです。当然ながら、この倍率が高いほど、払い戻しされる金額も大きくなりますし、取引を有利に進めることができます。ただし、中には、オプションの銘柄や判定方法・取引時間による変動型であったりする所もあるため、詳細を事前にチェックしておきましょう。

 

次に『最少取引金額』です。これは、バイナリーオプション取引に参加できる最少投資額(オプション一口の最低価格)のことです。バイナリーオプションでは、業者によって「50円」や「100円」などに設定されていることもあり、少額から取引に参加できる点が特徴です。投資金額が少額であればあるほど、それだけ利益も小さくなってしまうことは考える必要がありますが、それでもとにかく少ない資金から投資に挑戦したいという方にとっては、この『最少取引金額』が大きなポイントとなってくるでしょう。

 

続いての『取引時間』と『判定時間』は、バイナリーオプション取引ならではの特徴です。バイナリーオプションでは、取引時間内に申し込みを行った後は、判定時間を待つのみで取引が清算される仕組みとなっているのです。その上で、取引時間から判定時間の“間隔”は「最短でどれくらいの時間後の相場を予想すれば良いか?」という点に関わってくる非常に重要なポイントです。業者によっては、申し込みから判定までが「5分」や「10分」に設定されている所もあるため、短時間で決着をつけたいという方はチェックしておくと良いでしょう。また、取引時間と判定時間のどちらも特定の時刻を設定している業者もあれば、オプションの購入時点から判定時間を決定する業者もあるため、業者ごとの詳細な設定は事前に確認しておきましょう。

 

最後は『取扱銘柄数』です。これは文字通り、バイナリーオプションの取引対象となる銘柄数のことです。バイナリーオプションでは、基本的にはFXと同様に「為替」が取引対象となりますが、業者によって取り扱っている為替ペア数が異なったり、為替の他に企業株式や株価指数・商品オプションなどまで幅広く取り扱っている業者もあります。馴染みがあったり相性の良い銘柄に絞って取引したいという方もいるでしょうから、必ずしも取扱銘柄数が多ければ良いということでもありませんが、まずは様々な銘柄の取引に挑戦してみて、ご自分が予想しやすかったり相性の良かったりするものを選ぶのも良いでしょう。

 

このように、バイナリーオプションの業者選びにあたっては、事前にチェックしておきたい様々なポイントがあります。この他にも、判定方法の種類や一日の取引回数、携帯電話やスマートフォンからの取引に対応しているか、デモ取引に対応しているか、サポートデスクのなど、細かいポイントもあります。したがって、ご自分がバイナリーオプション取引を行っていくにあたって「何を重視するか?」を考えた上で、各取扱業者のサービスを比較してみましょう。

 

 

 


 

バイナリーオプション取扱い業者!!

GMOクリック証券 (外為オプション)ペイアウト倍率

FXトレード・フィナンシャル (HIGH・LOW)最短取引時間

トレイダーズ証券株式会社 (みんなのバイナリー)最低取引額

IG証券 (バイナリーオプション)

 

バイナリーオプション特徴別比較!!

最低取引額で比較

ペイアウト倍率で比較

投資上限金額で比較

取引銘柄(通貨ペア)数で比較

最短取引時間で比較

途中清算・権利放棄で比較

 

 

このページの先頭へ