バイナリーオプションの税金について

税金

バイナリーオプションを始める上で忘れてはいけないのが税金の問題です。バイナリーオプションで得た利益についても一定以上の利益を得た際には確定申告を行う必要があります。税金を納めないということは脱税=犯罪行為となります。そうならないためにもバイナリーオプションを始めるにあたって、その利益に関わる税金についても勉強しておきましょう。

 

バイナリーオプションの税金は「雑所得」の申告分離課税という扱いになります。2011年までは総合課税という扱いだったのですが、2012年分以降は他の所得とは区分して確定申告を行うようになりました。税率は、一律20%(所得税15%・地方税5%)です。申告分離課税になったことによって、FXやCFD・日経225先物取引やくりっく365などの他の投資の損益と通算ができるようになりました。また、損失が出た場合には、三年間の損失繰越控除が可能になりました。

 

その上で、確定申告が必要になるのは年間20万円以上の利益を得た場合です。つまり、ちょっとしたお小遣い程度の収入しか得ていない場合には必ずしも確定申告を行う必要がないケースもあります。しかし、バイナリーオプションを始めてしまえば20万円程度はすぐに超えてしまうでしょう。いざという時に困らないよう税金と確定申告については前もって確認しておくことをおすすめします。

 

確定申告までの簡単な流れは以下のようになります。

 

確定申告までの流れ

1.一年間に得た雑所得を計算する

2.所得を得るために費やした必要経費を総所得金額から引く

3.他に所得がある方は、それらの所得と合算して税金の額を計算する

 

また、確定申告の時には「経費」についても考えなければいけません。

バイナリーオプション取引を行う時には、まず投資用の資金を用意する必要がありますが、これは経費には含まれません。ただし、取引時の手数料は経費扱いになります。また、手数料の他に、振込手数料・セミナー等の参加費用(参加した場合)・筆記用具代・パソコン購入代金(取引に利用する時間の割合による)・通信費・プロバイダ費用・関連雑誌や新聞などの購入代金・携帯電話の利用料金(取引に利用する時間の割合による)などが、経費として認められれるケースがあります。経費の分類に関する部分はとても微妙な所ではあるのですが、勉強しておいて損ということはないはずです。きっちりと判断ができなくても、最低限、経費になりそうだと思ったものの領収書はとっておく、エクセルなどで記録を残しておく、などの対策はしておきましょう。税金の問題は、最初はややこしかったり難しく感じてしまうかもしれませんが、一度経験すれば意外にすんなりと理解することができます。これも必要なことと割り切って、勉強してみることをおすすめします。

 

税金に対してはどうしても損をしている…という気持ちになってしまうかもしれませんが、投資で得た利益で税金を払うということは、投資家として認められた証拠でもありますから、是非、納税に対して前向きに考えてみてください。

 

また、これからバイナリーオプションを始める方にとっては投資で得た税金について、まだまだ想像ができないかもしれません。そういった状況の方は是非、確定申告が必要になるくらいの利益をあげてみる!ということを第一目標にし、投資を行う上でも長く付き合い続けなければならない税金について早い段階で上手く付き合う方法を見つけてみてはどうでしょうか?

 

※税金についての詳細は、税務署や各FX業者にもそれぞれ確認しておきましょう。

 

 

 


 

バイナリーオプション取扱い業者!!

GMOクリック証券 (外為オプション)ペイアウト倍率

FXトレード・フィナンシャル (HIGH・LOW)最短取引時間

トレイダーズ証券株式会社 (みんなのバイナリー)最低取引額

IG証券 (バイナリーオプション)

 

バイナリーオプション特徴別比較!!

最低取引額で比較

ペイアウト倍率で比較

投資上限金額で比較

取引銘柄(通貨ペア)数で比較

最短取引時間で比較

途中清算・権利放棄で比較

 

 

バイナリーオプションにおける業者選びのポイント

バイナリーオプションの取扱業者は、国内の証券会社やFX業者、国外にプラットフォームを置く企業、専業で運営されているものなど、複数存在しています。そして、それぞれが特徴あるサービスを提供しています。したがって、その中からご自分の取引スタイルに合ったサービスを提供している業者を選んで口座開設と実際の取引を行っていきましょう。

 

その上で、バイナリーオプションの業者選びにあたってのポイントをご紹介しておきます。注目したいのは、『ペイアウト倍率』『最少取引金額』『取引時間』『判定時間』『取扱銘柄数』などです。主にこれらのポイントの中から、ご自分が重視するポイントを選び出して、チェックや比較を行うと良いでしょう。

 

まずは『ペイアウト倍率』です。これは、バイナリーオプション取引で予想が的中した時に“払い戻し”される倍率のことです。当然ながら、この倍率が高いほど、払い戻しされる金額も大きくなりますし、取引を有利に進めることができます。ただし、中には、オプションの銘柄や判定方法・取引時間による変動型であったりする所もあるため、詳細を事前にチェックしておきましょう。

 

次に『最少取引金額』です。これは、バイナリーオプション取引に参加できる最少投資額(オプション一口の最低価格)のことです。バイナリーオプションでは、業者によって「50円」や「100円」などに設定されていることもあり、少額から取引に参加できる点が特徴です。投資金額が少額であればあるほど、それだけ利益も小さくなってしまうことは考える必要がありますが、それでもとにかく少ない資金から投資に挑戦したいという方にとっては、この『最少取引金額』が大きなポイントとなってくるでしょう。

 

続いての『取引時間』と『判定時間』は、バイナリーオプション取引ならではの特徴です。バイナリーオプションでは、取引時間内に申し込みを行った後は、判定時間を待つのみで取引が清算される仕組みとなっているのです。その上で、取引時間から判定時間の“間隔”は「最短でどれくらいの時間後の相場を予想すれば良いか?」という点に関わってくる非常に重要なポイントです。業者によっては、申し込みから判定までが「5分」や「10分」に設定されている所もあるため、短時間で決着をつけたいという方はチェックしておくと良いでしょう。また、取引時間と判定時間のどちらも特定の時刻を設定している業者もあれば、オプションの購入時点から判定時間を決定する業者もあるため、業者ごとの詳細な設定は事前に確認しておきましょう。

 

最後は『取扱銘柄数』です。これは文字通り、バイナリーオプションの取引対象となる銘柄数のことです。バイナリーオプションでは、基本的にはFXと同様に「為替」が取引対象となりますが、業者によって取り扱っている為替ペア数が異なったり、為替の他に企業株式や株価指数・商品オプションなどまで幅広く取り扱っている業者もあります。馴染みがあったり相性の良い銘柄に絞って取引したいという方もいるでしょうから、必ずしも取扱銘柄数が多ければ良いということでもありませんが、まずは様々な銘柄の取引に挑戦してみて、ご自分が予想しやすかったり相性の良かったりするものを選ぶのも良いでしょう。

 

このように、バイナリーオプションの業者選びにあたっては、事前にチェックしておきたい様々なポイントがあります。この他にも、判定方法の種類や一日の取引回数、携帯電話やスマートフォンからの取引に対応しているか、デモ取引に対応しているか、サポートデスクのなど、細かいポイントもあります。したがって、ご自分がバイナリーオプション取引を行っていくにあたって「何を重視するか?」を考えた上で、各取扱業者のサービスを比較してみましょう。

 

 

 


 

バイナリーオプション取扱い業者!!

GMOクリック証券 (外為オプション)ペイアウト倍率

FXトレード・フィナンシャル (HIGH・LOW)最短取引時間

トレイダーズ証券株式会社 (みんなのバイナリー)最低取引額

IG証券 (バイナリーオプション)

 

バイナリーオプション特徴別比較!!

最低取引額で比較

ペイアウト倍率で比較

投資上限金額で比較

取引銘柄(通貨ペア)数で比較

最短取引時間で比較

途中清算・権利放棄で比較

 

 

バイナリーオプションにおける判定方法(取引手法)の種類

他の投資商品にはない特徴として、バイナリーオプションでは、予め「取引時間」が決まっています。株やFX取引であれば、トレーダー自身が清算のタイミングを決定しなければ取引は終了しませんが、バイナリーオプションでは「判定時間」を迎えた時点で自動的に取引が清算される仕組みになっています。つまりは、判定時間に清算の基準があるということです。

 

そんなバイナリーオプションの判定方法には、主に三つの種類があります。

 

 

HIGH&LOW(ハイアンドロー)

バイナリーオプション ハイロー

『HIGH&LOW(ハイアンドロー)』は、バイナリーオプション取引の最も基本的かつ一般的な判定方法です。ほとんどのバイナリーオプション業者が、HIGH&LOW(ハイアンドロー)をメインに扱っています。[HIGH&LOW]という名称の通り、取引ルールはとても簡単で、一定時間後の相場が基準となる相場よりも「高い(HIGH)」か「安い(LOW)」かを二択で予想するだけです。判定の基準は、あくまでも基準となる相場よりも「高い(HIGH)」か「安い(LOW)」かだけですから、相場の詳細な値幅や値動きは関係ありません。『HIGH&LOW(ハイアンドロー)』のペイアウト倍率の設定は、各取扱業者とも最大でも2倍ほどとなっているため、大きな利益を狙うには不向きとも言われますが、少額の資金から気軽に取引に参加できる点やシンプルな取引ルールで予想が立てやすい点などは、バイナリーオプション初心者の方にとってはメリットとなる判定方法と言えます。

 

 

ワンタッチ

バイナリーオプション ワンタッチ

『ワンタッチ』は、『HIGH&LOW(ハイアンドロー)』に続いて一般的だとも言える判定方法です。中には、『ワンタッチ』だけを専門に取り扱っているバイナリーオプション業者もあります。『ワンタッチ』とは、取引開始時点から判定時間(満期)までの間に、基準となる相場に「一度でも達する(ワンタッチ)」か「達しない(ノータッチ)」かを予想する判定方法です。ポイントは、判定時間(満期)の結果だけではなく、取引時間内の全ての時間が判定の対象となっていることです。申し込みから判定時間までの取引時間内に、一度でも基準となる相場のラインにタッチすれば、判定時間まで残り時間があったとしても条件はクリアとなり、ペイアウトを受けることができます。

 

 

レンジ(境界)

バイナリーオプション レンジ

『レンジ(境界)』は、レンジ=境界という意味通り、判定時間(満期)の時点での相場が、基準として設定されたレンジ(境界)内に収まっているかどうかを予想する判定方法です。判定時間の相場が一定の境界内に「収まる」か「収まらない」かの二択の取引ルールは、HIGH&LOWやワンタッチと変わりありません。ただし、レンジの場合は、○○円~××円という境界(金額)が設定されているために、予想自体は「収まる」か「収まらない」かの二択であっても、相場の値動きの詳細まで正確に予想する必要があるのです。したがって、HIGH&LOWやワンタッチと比較して予想がやや困難になることもあり、ペイアウト倍率が高く設定される傾向にあるのが、この『レンジ』です。全くの投資初心者という方には、最初は少々ハードルが高いかもしれませんが、取引に慣れてきた方やより大きな利益を狙っていきたいという方は、ぜひ挑戦してみましょう。

 

 

バイナリーオプションの最大の特徴である二択のシンプルな取引ルールという意味では、どの判定方法もその特徴に該当しています。ただし、それぞれの判定方法によって特徴(ルール)やペイアウト倍率などが異なるため、ご自分との相性やご自分の希望する取引スタイルに合ったものを選んでいきましょう。

 

 

 


 

バイナリーオプション取扱い業者!!

GMOクリック証券 (外為オプション)ペイアウト倍率

FXトレード・フィナンシャル (HIGH・LOW)最短取引時間

トレイダーズ証券株式会社 (みんなのバイナリー)最低取引額

IG証券 (バイナリーオプション)

 

バイナリーオプション特徴別比較!!

最低取引額で比較

ペイアウト倍率で比較

投資上限金額で比較

取引銘柄(通貨ペア)数で比較

最短取引時間で比較

途中清算・権利放棄で比較

 

 

バイナリーオプションの用語

用語 詳細・意味
オプション(Option)

デリバティブ(金融派生商品)の一種。

一般的には、一定の商品を期間内に一定の価格で売買する権利。

オプション取引

予め決められた将来の一定の期間において、一定のレートまたは価格(行使レート、行使価格)で取引する権利(オプション)を付与・売買する取引のこと。

バイナリーオプション(Binary Option)

デジタルオプションや固定オプションとしても知られている。

特定の銘柄の価格相場が一定の時間後に上がるか下がるかを基本的に二択で予想する。

最大利益額と最大損失額が固定されいるオプション取引。

ロット(Lot)

取引単位数

ハイロー(HIGH&ROW)

バイナリーオプションにおいて最も基本的な判定方法。

一定時間後の相場が基準となる相場よりも「高い(HIGH)」か「安い(LOW)」かを二択で予想する。

詳しくは⇒『判定方法の種類

ワンタッチ

判定方法の一種。

取引開始時点から判定時間(満期)までの間に、基準となる相場に「一度でも達する(ワンタッチ)」か「達しない(ノータッチ)」かを予想する。

詳しくは⇒『判定方法の種類

レンジ

判定方法の一種。

判定時間(満期)の時点での相場が、基準として設定されたレンジ(境界)内に収まっているかどうかを予想する。

詳しくは⇒『判定方法の種類

ペイアウト倍率

ペイアウト(払い戻し)の倍率ことで、予想が的中した際に払い戻される率のこと。

バイナリーオプションでは、一定倍率型倍率変動型がある。

アウト・オブ・ザ・マネー

オプションの行使によって損失が生まれる(オプションが利益を生まない)状態にあること。

アット・ザ・マネー

対象銘柄の現在価格と購入価格が同額で取引されている状態のこと。

この状態で満期を迎えた場合、投資額は全額返還される。

イン・ザ・マネー

オプションによって利益が得られる状態(確定する価格)にあること。

対象銘柄の現在価格が購入価格よりも高くなっている。

コール・オプション

対象とする銘柄の購入価格が満期価格よりも上昇した場合に投資家が利益を得る取引。

プット・オプション

対象とする銘柄の資産価格が購入価格よりも低くなった場合に投資家が利益を得る取引。

テクニカル分析

相場における過去の値動きのパターンから、将来の動向を分析・予測すること。

ファンダメンタル分析

経済の基礎的条件という意味。経済指標などを元に、その国の経済・財政状況を分析すること。

先物取引(Futures)

将来の一定期日に一定の価格で、商品・債権・通貨・株価指数などを売買する契約。

通貨取引(Currencies)

世界中の通貨を売買する取引。

通常は銀行やその他機関の投資家によって、国際貿易決済のために行われる。

個人投資家も同様に、取引レートの差益を求めて取引することがある。

株式(Stock)

所有者は、株式の保有比率に応じて当該企業の利益を享受する。

当該企業が倒産した場合には、資産配当順位は最下位となる。

株価指数

株価の動きを表した指標、株式市場の動きを把握することができる。

日経平均やNYダウなどが代表的。

コモディティ(Commodities)

先物取引商品。エネルギーや食料、金属等の原材料といった産業や日常生活に不可欠な商品の総称。

資産

取引できる商品のこと。企業株式、通貨、株価指数、商品など。

証拠金

取引結果として生じ得る損失をカバーするために担保として預ける資金。

投資額

特定のオプションへの投資額

取引時間

金融資産(銘柄)には、それぞれ固有の取引時間・取引日・休日がある。

ビッド(Bid)

投資家が資産を売却する場合の価格。売値。

オプションの満期価格を計算する際の算式に用いられる。

アスク(Ask)

投資家が資産を購入する場合の価格。買値、オファー。

オプションの満期価格を計算する際の算式に用いられる。

仲値(Mid Market)

ビッドとアスクの平均値(中間レート)。

売買による利ざやのない市場の実勢価格を示す。

バニラ・オプション(Vanilla Option)

プレーンバニラとも呼ばれるオプションの種類。

エキゾチックオプションと異なり、特殊な条件などが何も付帯していないオプション取引のこと。

単にオプション取引という場合は、このバニラオプションのことを指す。

エキゾチック・オプション

通常のオプション取引(バニラ・オプション)に対して、様々な条件が付け加えられたものを指す。

アメリカン・オプション(American Option)

満期までの間にいつでも権利行使ができるタイプのオプション。

外貨取引のオプションの大半はこれに該当する。

 

 

 


 

バイナリーオプション取扱い業者!!

GMOクリック証券 (外為オプション)ペイアウト倍率

FXトレード・フィナンシャル (HIGH・LOW)最短取引時間

トレイダーズ証券株式会社 (みんなのバイナリー)最低取引額

IG証券 (バイナリーオプション)

 

バイナリーオプション特徴別比較!!

最低取引額で比較

ペイアウト倍率で比較

投資上限金額で比較

取引銘柄(通貨ペア)数で比較

最短取引時間で比較

途中清算・権利放棄で比較

 

 

バイナリーオプションとFX

最近は専門業者も増加傾向にありますが、バイナリーオプションは、まだまだFX業者が取り扱っている一商品であるケースが多いです。更に、バイナリーオプションとFXはいずれも「為替」を取引対象とするため、似たようなものと思われがちです。

 

しかし、それぞれの特徴を見てみると、バイナリーオプションとFXの特徴には様々な違いがあります。特にバイナリーオプションには、FXを始めとした従来の投資商品とは異なる特徴が多数ありますので、確認しておきましょう。

 

まず『FX』というのは、ある通貨ペアの相場の値動きを利用して、差額による利益を得ていく投資商品です。その他に、通貨間の金利差を利用した「スワップポイント」という方法などで利益を得ることもできます。

 

また『FX』では、「レバレッジ」という仕組みを利用して、自己資金以上の資金で取引を行うこともできます。要するに、自己資金を担保として何倍もの金額を借りることができるのです。そうして、自己資金以上の投資額で大きな利益を狙えるというポイントが、FXの最大の魅力とも言えます。

 

ただし、そこで注意したいのは、自己資金以上の取引ができるということは損失もそれだけ大きくなるリスクを含んでいるということです。しかも、FXでは為替相場の値動きの幅が損益に直接関わってくるため、しっかりと結果を出していくには、詳細な相場分析と売買のタイミングが重要になってきます。こういったポイントから、FXに対して“難しそう”という印象を持ってしまっていた方もおそらく少なくはないでしょう。

 

そこで、最近注目されるようになってきたのが、バイナリーオプションの優位性なのです。

 

バイナリーオプションでは、為替以外に企業株式や株価指数・商品などまでを取引対象として選択することができます。したがって、為替に限らず、幅広い銘柄の中から、ご自分に合った銘柄で取引を行うことができます。

 

また、バイナリーオプションで予想するのは、詳細な相場の値動きではなく、一定時間後の相場が一定の条件を満たすか満たさないか?ということだけです。したがって、バイナリーオプションであれば、相場の値動きが大きかろうが小さかろうが、予想さえ的中すれば、一定のペイアウトを受け取ることができます。

 

更に、バイナリーオプションでは、基本的に前もって「取引時間」が設定されています。したがって、取引時間内に申し込みを済ませた後は「判定時間」を待つだけで自動的に取引が清算される仕組みです。取引時間が決まっていることで、取引開始時点で「最大利益額」と「最大損失額」が把握できるようになっているのも、バイナリーオプションの大きな特徴です。しかも、バイナリーオプションでは、ご自分が投資した金額以上の損失は出ないようになっているため、取引開始時点でリスクが限定されています。このため、投資を行っていく上で最も重要だと言われる『リスク管理』がしやすいのです。

 

FXのようにレバレッジが効かない分、手持ちの資金の中での取引になりますから、FXほど大きな利益を狙うことは難しくなりますが、シンプルな取引ルールの中でローリスクかつ計画的な投資活動を行えるという点は、バイナリーオプションの大きな魅力であり、FXとの違いだと言えるでしょう。

 

このように、バイナリーオプションとFXには、それぞれ独自の特徴があります。その上で、バイナリーオプションは、特に「シンプルな取引ルール」で「ローリスクに投資を行える」というポイントが大きな特徴となっています。

 

 


 

バイナリーオプション取扱い業者!!

GMOクリック証券 (外為オプション)ペイアウト倍率

FXトレード・フィナンシャル (HIGH・LOW)最短取引時間

トレイダーズ証券株式会社 (みんなのバイナリー)最低取引額

IG証券 (バイナリーオプション)

 

バイナリーオプション特徴別比較!!

最低取引額で比較

ペイアウト倍率で比較

投資上限金額で比較

取引銘柄(通貨ペア)数で比較

最短取引時間で比較

途中清算・権利放棄で比較

 

 

バイナリーオプションのデメリットと注意点

バイナリーオプションの注意点

バイナリ―オプションは、取引ルールがシンプルである点やローリスクな投資が可能だという点が、主な特徴として挙げられる投資商品です。そして、それらはバイナリーオプションの人気の理由でもあり、魅力的な特徴だと言えるでしょう。しかし、一方ではその特徴故の注意点やデメリットもあることを忘れてはいけません。継続的に効率の良い投資活動をしていくためには、メリットを十分に利用すると共にデメリットについても十分に理解した上で自身の取引スタイルを築いていくことが必要とされます。

 

ここではバイナリーオプションを行うに当たって気を付けなければならない最も初歩的な部分について解説していきます。これからバイナリーオプションを始める方は、これらのデメリットや注意点を踏まえた上でバイナリーオプションを研究し、自分の取引スタイルを築いてみてください。

 

 

バイナリーオプションのデメリット

予想が外れた場合には、投資金を全額没収される

仮に株やFXの場合で言えば、投資金の全額を失ってしまうということはまずありません。途中で手放して損失を最小限に抑えられるかはトレーダーの判断次第と言えますし、再び買い戻して利益をあげるといったこともできます。しかし、バイナリーオプションでは「予想が外れた場合には、投資金の全額を没収される」という仕組みになっています。仕組みとしては非常にわかりやすいですし、投資する金額自体を少なくすれば予想が外れた場合にもそれほど大きなダメージを負わずにも済みますが、そうするとその分だけ利益も小さくなってしまいます。したがって、その損益のバランスを考えた取引を行っていけるかどうかが、バイナリーオプションの勝負の分かれ目となります。

 

確率が50%であるため、総合的に利益を出すのが難しい

バイナリーオプション取引では、取引開始時点で「最大利益額」と「最大損失額」が確定しています。その額に注目してみましょう。仮に、ペイアウト倍率1.80倍の取引に参加したとします。その場合、5000円を投資したとして、勝てば+4000円、負ければ-5000円となります。1000円は取扱業者(証券会社)の取り分です。よく考えると、不思議ですね。つまり、50%の勝率が続けば、勝ち続けても利益は出ないことになってしまうのです。むしろ、手数料の分だけ損失が積み重なってしまうのです。したがって、バイナリーオプションでは、実質的には50%以上の勝率を出していかなければいけません。そこで重要になってくるのが、業者ごとに設定されている『ペイアウト倍率』です。投資額と取引条件、そしてペイアウト倍率のバランスを踏まえ、利益を出していくことを考えましょう。詳細は業者ごとに異なるため、事前に確認しておきましょう。

 

 

バイナリーオプションの注意点と対応策

バイナリーオプションは、数ある投資商品の中でも『シンプル』で『ローリスク』という点が特徴であるため、ついつい“ゲーム感覚”で取引回数を重ねてしまいがちになることがあります。また、ただ単に二択の予想が当たれば良しという“ギャンブル感覚”の取引になってしまえば、やはり確実に利益を積み上げていくのは難しくなってしまいます。

 

取引に慣れてコツなども掴めてきたら、やはり大きな利益を狙いたくなるでしょうから、取引回数を重ねたり投資額を大きくしたりもしたくなるはずです。しかし、バイナリーオプションでは「予想が外れた場合、投資金は全額没収」というルールですから、そういった大きな取引の時に負けが続いてしまったりすれば、あっという間に損失が膨らんでいたなどということにもなりかねません。

 

したがって、取引を始める際には、予め「どれだけの資金を投資するか?」「どれだけの損失までなら良しとするか?」というラインを決めておくと良いでしょう。そして、自分自身で損益をコントロールすることです。

 

熱くなりすぎず、常に冷静に取引に臨むことを心がけましょう。

 

いくらシンプルな取引ルールが特徴だと言っても、バイナリーオプションも立派な投資商品です。したがって、しっかりと結果を出していくためには、やはり従来の投資取引と同じように“根拠”のある投資を行っていくことが必要になります。

 

そこでポイントとなるのが「相場研究」と「口座開設時の業者選び」です。

 

まずは、バイナリーオプションでも株やFX取引と同様に、相場の上昇や下落を注意深くチェックするということを頭に置いておきましょう。日頃から相場に関係しそうなニュースや出来事をチェックしておくことも大切です。

 

また、実際の取引にあたっての条件やルールなどの詳細な設定は各取扱業者ごとに異なります。そのため、ご自分の取引スタイルに合ったサービスを提供している業者を選んで、実際の取引に利用していくことも大切です。

 

 


 

バイナリーオプション取扱い業者!!

GMOクリック証券 (外為オプション)ペイアウト倍率

FXトレード・フィナンシャル (HIGH・LOW)最短取引時間

トレイダーズ証券株式会社 (みんなのバイナリー)最低取引額

IG証券 (バイナリーオプション)

 

バイナリーオプション特徴別比較!!

最低取引額で比較

ペイアウト倍率で比較

投資上限金額で比較

取引銘柄(通貨ペア)数で比較

最短取引時間で比較

途中清算・権利放棄で比較

 

 

バイナリーオプションのメリット

バイナリーオプションには従来の投資商品にはないメリットがたくさんあります。そのバイナリーオプション独自の特徴が、バイナリーオプションの人気の理由ともなっているわけです。その上で、そうした点を予め把握しておくことが、バイナリーオプションで結果を出していくための重要な要素ともなりますので、しっかりとその特徴やメリットを理解した上で実際の取引に挑戦していきましょう。

 

 

バイナリーオプションのメリット

わかりやすくシンプルな取引ルール

バイナリーオプション取引は、基本的に“二択”の予想だけで行えるシンプルなものです。一定時間後の相場が「上がるか下がるか?」「一定の条件を満たすか満たさないか?」を選んでいくだけですから、つまりは購入した銘柄の値動き自体が大きかろうが小さかろうが、二択の予想さえ的中すれば利益を獲得できるチャンスがあるのです。

 

短期的でスピーディーな決済システム

バイナリーオプションの「取引時間」は、基本的に24時間以内に設定されているケースが多いです。したがって、バイナリーオプション取引は、基本的に24時間以内に決着がつくということです。業者によっては、申し込みから判定までの時間を最短で5分や10分に設定しているケースもあるため、時間をかけずに利益を狙うことができるのです。また、従来のFX取引などではトレーダー自身が清算を行わなければ取引が終了しない仕組みですが、バイナリーオプションでは取引時間が前もって決まっていることによって、判定時間を待つだけで自動的に取引が清算される仕組みになっています。四六時中パソコンに張り付いている必要などもありません。

 

予め“リスク”が限定されている

バイナリーオプションは、最少で100円や1000円といった少額の資金からから取引に参加できるという点が大きな特徴の一つとして挙げられます。その上で、バイナリーオプションでは「投資金額以上の損失は発生しない」という仕組みになっています。つまり、1000円を投資したら1000円以上の損失は発生しないということなのです。そうして、取引開始時には「最大利益額」と「最大損失額」を予め把握することができるため、バイナリーオプションでは、投資を行う上で最も重要と言われる“リスク管理”が簡単で、計画的な取引がしやすいとされています。

 

 

このようにバイナリーオプションには、様々なメリットがあります。

 

これらのポイントの中で、どのポイントを最も魅力的だと感じるか?や、実際の取引に利用していこうと考えるか?は人それぞれだと思いますが、こうした特徴やメリットを予め把握した上で、ご自分に合った取引スタイルや取引業者を選び、実際の取引に参加していくことが大切です。

 

 


 

バイナリーオプション取扱い業者!!

GMOクリック証券 (外為オプション)ペイアウト倍率

FXトレード・フィナンシャル (HIGH・LOW)最短取引時間

トレイダーズ証券株式会社 (みんなのバイナリー)最低取引額

IG証券 (バイナリーオプション)

 

バイナリーオプション特徴別比較!!

最低取引額で比較

ペイアウト倍率で比較

投資上限金額で比較

取引銘柄(通貨ペア)数で比較

最短取引時間で比較

途中清算・権利放棄で比較

 

 

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは

バイナリーオプションとは、購入した取引銘柄の相場が一定時間後に「上がるか下がるか?」「一定の条件を満たすか満たさないか?」を“二択”で予想するだけのシンプルな投資商品です。バイナリーオプションの取引ルールのシンプルさは数ある投資商品の中でも随一と言われています。また、ローリスクで手軽に始められる投資商品ということで、投資初心者の方を中心にここ数年で一気に参加者を増やしているのです。そして、この傾向は今後もますます強まることが予想されています。ここでは、バイナリーオプションの概要・特徴など、バイナリーオプションの基本的なものについて解説していきます。

 

 

バイナリーオプションの特徴

バイナリーオプションには、従来の投資商品とは異なる特徴がいくつもありますが、まずはその主なものを挙げてみましょう。まず、バイナリーオプションでは「取引時間」(満期までの時間)が前もって決まっているため、申込を済ませた後は判定時間(満期)を待つだけで良いという仕組みになっています。つまり、株取引やFX取引のように相場やチャートを常にチェックしたりトレーダー自身がタイミングを見計らって取引を終了させたりする必要がないため、時間のない方でも簡単に申し込みを行い、取引に参加することができます。また、バイナリーオプションでは、数百円や数千円という少額から取引に参加することができます。しかも、投資した金額以上の損失が出ないようになっているため、予めリスクが限定されていることも大きな特徴です。取引時間が設定されていることで、取引開始時には「最大利益額」と「最大損失額(=投資額)」が把握できるため、計画的な投資活動を行っていくことができます。

 

 

バイナリーオプションの意味

そもそも、『バイナリーオプション(Binary Option)』の『バイナリー(Binary)』とは、コンピューター用語などの「二進法」のことを指す単語です。つまり、『バイナリーオプション』とは、「0か1か?」「当たりか外れか?」の“二者択一”のトレードであることを意味しているのです。バイナリーオプションは、基本的に「予想が当たれば投資額の約2倍のペイアウト(払い戻し)が受け取れる」「予想が外れれば投資額の全額が没収される」という仕組みになっています。そのため『バイナリーオプション』は、「0か1か?」の“オール・オア・ナッシング”のトレードと表現されるのです。

 

 

バイナリーオプションのポイント

言ってしまえば、バイナリーオプションは、基本的に“二択”の予想さえ当たればペイアウト(払い戻し)を受けられるという取引ルールですから、投資に関する知識や取引の経験などがなくても「上がるか下がるか?」「当たりか外れか?」を“50%”の確率で的中させられる可能性があります。また、バイナリーオプションは、そのシンプルさとローリスクさが大きな特徴として挙げられるため、初心者の方でも気軽に参加することができます。それらの特徴から、バイナリーオプションをゲームやギャンブルのように考えている方もいるようですが、バイナリーオプションは実際にお金のやりとりを行う立派な投資商品です。したがって「毎回の勝率をいかに上げるか?」を考えて取引に参加していくの、バイナリーオプションの醍醐味とも言えます。シンプルでローリスクなバイナリーオプションだからこそ、お試し感覚で取引に参加することもできれば、「いかに毎回の勝率を上げて収益を積み上げていくか?」という戦略を立てながらの本格的な投資取引を楽しむこともできる、その点が、バイナリーオプションの人気の理由だと言えるでしょう。あくまで投資を行っているのだという冷静さを忘れずに取引をしていきましょう。

 

 

 


 

バイナリーオプション取扱い業者!!

GMOクリック証券 (外為オプション)ペイアウト倍率

FXトレード・フィナンシャル (HIGH・LOW)最短取引時間

トレイダーズ証券株式会社 (みんなのバイナリー)最低取引額

IG証券 (バイナリーオプション)

 

バイナリーオプション特徴別比較!!

最低取引額で比較

ペイアウト倍率で比較

投資上限金額で比較

取引銘柄(通貨ペア)数で比較

最短取引時間で比較

途中清算・権利放棄で比較

 

 

このページの先頭へ