バイナリーオプション【国内業者ランキング】

 

国内人気業者

GMOクリック証券【外為オプション】

GMOクリック証券【外為オプション】

国内のバイナリー業者の中では非常に人気があり、間違いないのがGMOクリック証券の外為オプション!この度新外為オプションに生まれ変わり、ラダーオプションが実装可能になっています。通常見たいレートを数多く設定すると、各レートの画面が見えづらいのですが外為オプションの場合、権利行使価格は1つしか表示できないため取引画面が大変見えやすいのが特徴です。スマートフォンアプリにも完全対応しており、iphone5S・iosの最新版でもスムーズな取引が可能です。新タイプでは、1,000円のペイアウトをゲットするためチケット価格が変動する仕様ですので、高倍率も期待できます。

ペイアウト倍率 最低取引金額 最短取引時間
約1~20倍 1000円未満 2分後
投資上限金額 途中清算 対象銘柄
1000円未満

GMOクリック証券【外為オプション】詳細ページ

 

国内人気業者

トレイダーズ証券【みんなのバイナリー】

トレイダーズ証券【みんなのバイナリー】

最大倍率は1.01~20倍、ペイアウト額は、1ロットあたり1,000円のみんなのバイナリー!バイナリーの規制に対応して、取引開始から2分後から122分後のレートがどれくらい変動するかを予測する取引となっています。判定時間が近くて、チケット販売開始時間に目標レートが遠いチケットが一番高い倍率になります。強いトレンドや大きく変動するファンダメンタル要素がある前は、高倍率の取引を狙うと面白い。転売にも対応していて、判定時刻の2分前までであれば、いつでも売却が可能となっています。iPhone・Android・ipadからも取引可能です。

ペイアウト倍率 最低取引金額 最短取引時間
1.01~20倍 50円 2分後
投資上限金額 途中清算 対象銘柄
200口 3種類

トレイダーズ証券株式会社【みんなのバイナリー】詳細ページ

国内業者人気

FXTF バイナリー・トレード【バイトレ】

FXTF バイナリー・トレード【バイトレ】

「ラダーバイナリー」「レンジバイナリー」「タッチバイナリー」3種のオプションがあり、豊富な取引が可能です。レンジバイナリーの取引では、最短で判定時刻の2分前まで購入が可能となっていて権利放棄と同様に転売での途中精算も可能となっています。また、ペイアウト額は、1ロットあたり10,000円となっており、投資上限金額も高い仕様です。判定時刻までに1度でも目標のレートに到達すれば成果が確定されるタッチバイナリーは他のバイナリー業者では取り扱いが少ないです。

ペイアウト倍率 最低取引金額 最短取引時間
1.8~1.9倍 1000円 最短5分後
対象銘柄 投資上限金額 途中清算
6種類 200口

FXTF バイナリー・トレード【バイトレ】詳細ページ

 

1コインから始められる資産投資バイナリーオプション

バイナリーオプションは、他の金融系の投資に比べ1コインから簡単に始められるのがメリットです。投資方法は基本的には予想する指数が上がるか・下がるかの二者択一式です。投資には興味があるけど、FX等の高度な知識が必要な投資に手を出す勇気がないという方にはピッタリの資産運用となります。また都度の取引が短時間で済むため、長時間取引のことを気にする必要もないのがバイナリーオプションの特徴です。

 

各トレンドに強いバイナリーオプション業者

強いトレンドが見られるとき

   ⇒ GMOクリック証券【外為オプション】

     相場に合わせて、ラダー・レンジイン・レンジアウトオプションとオプションタイプを
     選択できるので、今のトレンド・シグナルに合わせて自分が取引したいオプションを選択

 

一定のレンジを上下している時

   ⇒ GMOクリック証券【外為オプション】

     自分が投資したポジションで外す能性もあるので、リスクを考慮して転売ができるものがお勧め

 

トレンドが高騰・急落時

   ⇒ GMOクリック証券【外為オプション】

   ⇒ みんなのバイナリー

     払い出し倍率が最大20倍のGMOとみんなのバイナリーで大きく勝負するのもあり

 

バイナリーオプション(BO)について

バイナリーオプションは、他の金融取引に比べ、簡単に低予算から始められる資産運用です。取引は簡単で、ドル/円といった為替が変動するの対してその数値が上がるか下がるかを投資します。取引時間内に予想が的中すれば、投資した金額の数場合が入り外れれば投資金額は無くなります。一取引は1000円程度から実施できますので、手軽に始められるのが特徴です。FXや株の取引は、取引証拠金等の問題で数多くの取引を柔軟に行うことが難しいのですがバイナリーオプションは1日でもかなり多くのポジションを買う事が可能。

 

バイナリーの特徴をまとめると以下の通りです。

 

投資に対してのペイアウト率が変動するため、大きく儲けることも可能

最低取引は1000円程度から気軽に始めることができる。

FX等のトレードと違い、投資した金額以上を失わない

一度の取引時間が決まっているので、その状況により難易度が異なる

 

バイナリーは初期投資も少なく、気軽に始められる資産運用ですが他の金融取引同様、為替の知識があった方が良いので多少なりとも慎重な投資ができるよう書籍等で勉強しておいた方が良いかと思います。

 

 

 

バイナリーオプションのデモ取引ができる証券会社一覧

デモ取引

いくらバイナリーオプションがシンプルなルールで少額で始められる、FXと比べればリスクが少ない、と言われても、やはり誰だって始めて行うものには少なからず不安があるはず…そんな時に役立つのが「デモ取引」です。

その名前の通り「デモンストレーション」として仮想の通貨を使用して、本番と同じ画面、同じレートで取引を行うことができます。

いずれの証券会社も無料で利用することができる上、各証券会社独自で提供しているツールなども試せるのでバイナリーオプションがどういうものであるのかを身を持って体験できると共に各証券会社の使いやすさも比較することができるのも大きなメリットです。

 

 

ここでは、デモトレードが可能な証券会社と利用までの流れをご紹介します。

この投稿の続きを読む »

バイナリーオプション業者【ペイアウト倍率で比較】

ペイアウト倍率とは、実際のバイナリーオプション取引で予測通りの結果になった場合のペイアウト(投資利益)を決定する倍率のことです。簡単に言えば、予測通りの結果になった場合にこの倍率が高いほど大きな利益を獲得することができるわけです。この倍率は、取引ごとにも業者ごとにも設定される幅が異なります。ですから、バイナリ―オプションの利益を考える場合には、このペイアウト倍率をポイントにした業者選びも大切になってきます。

 

ペイアウト倍率は、基本的に実現が困難な条件の取引ほど高くなります。ですから、ペイアウト倍率の比較は、その業者がどれほどの取引内容・条件を用意しているかを比較する上でも重要になってきます。まずは、同じ取引内容で倍率が高いか低いかを比べてみましょう。それから、どんな取引内容・どんな条件が用意され、それぞれがどの程度の倍率になっているかを判断していきましょう。バイナリーオプションはシンプルな取引だからこそ、的中した時には利益をしっかりと確保したいですよね。一方、誰であっても大きな利益を追求したいもの。そのバランスを踏まえて、ペイアウト倍率での比較を行いましょう。

 

この投稿の続きを読む »

バイナリーオプション業者【最低取引額で比較】

最低取引額で比較

バイナリーオプションは“シンプル”な取引方法が特徴で、投資がはじめての方でも仕組みがわかりやすいのが特徴的です。基本的には二者択一の取引ですから、取引ルールも複雑ではありません。勝つか負けるか当たるか外れるかの結果もわかりやすく、毎回の取引をリセットした状態で行えるのも特徴です。

 

しかし、シンプルで簡単な取引だからといっても“リスク”が全くないわけではありません。シンプルで短期的な取引が可能ということでのめりこんでしまい、結果的に大きな損失を抱えてしまう可能性もありますし、初心者の方は特に注意が必要です。あくまでも実際に資金を運用する取引であるということを踏まえて取引を始めることが重要です。その上で「どの程度の資金を用意するか?」という点もバイナリ―オプションを行う上で注目すべきポイントになってきます。

 

バイナリーオプションの取引における『最低取引金額』は、バイナリーオプションを取り扱う業者によって異なります。また、選択した判定方法や取引銘柄によっても異なります。最も少ない所では、最低で「50円~」という取引額が設定されている業者もあります。こうした所で、まずは“お試し感覚”でバイナリーオプションに慣れるための取引を行ってみるのも良いでしょう。ただし、当然のことながら、取引金額が少なければ少ないほど利益も少なくなります。ですから、最低取引金額=リスクの小ささと見るだけではなく、取引方法やペイアウト倍率等の条件も踏まえた上で、ご自分の投資目的にマッチしたサービスを提供している業者を選んでいくことが求められます。

 

この投稿の続きを読む »

バイナリーオプション業者【最短取引時間で比較】

最短取引時間で比較

バイナリーオプションの最大の特徴は“シンプル”な取引方法と言えます。そして、そのシンプルさを更に裏付けているのが『取引時間』です。バイナリーオプション取引には『取引時間(申し込み可能時間)』と『判定時間(清算の時刻)』が存在しており、そのスパンが短ければ短いほど相場を読みやすくなり、長ければ長いほどリスクは高くなりますがそのぶん高いペイアウト(払い戻し)倍率を期待することができます。要するに、購入(申し込み)時から判定時刻までの相場の動きが重要になってくるわけです。

 

従って、バイナリーオプションの業者を比較する際には、この『取引時間』と『判定時間』をチェックしておくことをお薦めします。特に「どの程度の時間で勝敗の判定ができるのか?」「判定時刻の何分前まで取引ができるのか?」を確認しておくことがポイントです。短ければ短いほど大きな利益を出すのは難しいですが、そのぶんリスクの小さい安定した取引ができます。業者によっては最短で5~10分程度の取引時間を設定している所もあります。一方、長ければ長いほどじっくりと相場を見極めて大きな利益を獲得できる可能性があります。業者によっては数日から数ヶ月の取引時間を設定している所もあります。それらのポイントを踏まえつつ、ご自分の理想の取引スタイルに合った業者を選んでみるのも良いでしょう。

この投稿の続きを読む »

バイナリーオプション業者【投資上限金額で比較】

バイナリーオプションは、数ある金融商品の中でも“シンプル”で“分かりやすい”商品と言われています。しかし、シンプルな取引だからといって“リスク”がないわけではありません。シンプルで短期的な取引が可能ということでのめりこんでしまい、結果的に大きな損失を抱えてしまう可能性もあります。取引の難易度によって、ペイアウト(投資利益)倍率も大きく変動します。

 

ハイロー型の取引の場合、ペイアウト倍率は1.8~2倍程度が標準的な数字となっており、この数字だけを見れば低いかもしれません。二択の取引で単純に勝率が5割と考えたらむしろ損をしているとも思えます。しかし、基本的にリスクの少ない取引であるからこそ、大きな取引を行うことができるという面もあります。勝てると踏んだ場面では、より多くの資金を投資することで大きな利益を挙げることもできます。そこで、取引業者を比較する際に見ておきたいのが「最大取引金額」です。

 

通常はリスクの面を考慮して「最低取引金額」に目が向いてしまいがちですが、本格的にバイナリ―オプションで利益を挙げよう・資産運用をしていこうと考えるのであれば、どれだけの資金を投入できるかも確認しておきたいところですよね。業者によっては数万円の設定がかかっていたり、上限がないという所もあります。バリナリーオプションは、基本的にシンプルでローリスクな取引であるからこそ、そのメリットを存分に生かせる業者選びの比較条件の一つに加えてみましょう。
※市場の状況にもよります。

この投稿の続きを読む »

バイナリーオプション業者【取引銘柄(通貨ペア)数で比較】

バイナリーオプションは、市場(レート)の動向を基本的に“二者択一”で予想するだけのシンプルな取引です。したがって、単純計算で勝率は5割ということになり、詳しい知識がない方でもおおまかな予想で簡単に行うことができ、的中するチャンスもあるということで、今初心者の方から投資経験者の方にまで大きな人気を集めているのです。

 

その上で、バイナリーオプションというのは短期で決着がつくケースが多い取引です。したがって、そのぶん相場が大きく動いたりそれほど変動しなかったりという傾向が顕著に表れるのが特徴です。どちらのケースでも予想は困難で、それこそ“運任せ”になってしまうこともあります。その場合にはリスクは冒さず傍観することもできますが、それでは積極的に資産運用をしたいというユーザーにとってはなかなか理想通りに取引ができないということにもなってしまいます。そこで、そんな問題を解決する方法としてもチェックしておきたいのが、各業者が取り扱っている『取引銘柄』です。

 

馴染みのある銘柄に絞って取引を行うのももちろん良いでしょう。ただし、特定の銘柄が理想通りに推移しない場合には他の銘柄で取引することも視野に入れておけば、チャンスの可能性をより広く持った取引ができるということです。したがって単純に考えれば、できるだけ取扱銘柄の多い業者を選んだ方がお得です。シンプルな取引内容であるからこそ、広い視野を持ちチャンスやメリットを生かした運用をしていきたいですね。

この投稿の続きを読む »

バイナリーオプション【海外業者ランキング】

バイナリーオプション業者【途中清算・権利放棄で比較】

投資では、いかにリスクを最小限に抑えることができるかが最大のポイントとなります。最適な利益を確保し安定した取引を行っておくためにはそのための備えが必要です。そして、そんなリスク回避のために覚えておきたい選択肢の一つに権利放棄があります。これは、実際に取引を行っていった際に途中で損失が濃厚になった場合、その取引の権利を放棄し手を引く仕組みのことです。ねばって取引を続けていけばどんどん損失が増えていくだけという場合などに権利放棄を行うことで、損失を最小限に抑え最適の利益を確保することができます。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ